自家中毒の症状、原因、治療

自家中毒の原因は?

自家中毒とは、2〜10歳の神経質な子供によく起こる病気のことです。中毒と名前がついていますが食中毒ではありません。別名周期性嘔吐症アセトン血性嘔吐症とも言われています。


自家中毒の原因はいまだに不明です。説として挙げられているのは、カゼをひいたり、遊びすぎたり、寝不足、入学・入園・天候などの環境の変化など様々なストレスが原因と考えられています。これらのストレスによって体の脂肪が分解され、脂肪の分解産物(燃えカス)であるケトン体が大量に作られることで発症します。このケトン体が血液中に溜まってくると人間は気分が悪くなり、吐き気がしたり、ぐったりしてしまいます。また、子供の場合、夕食を抜いたりすることでエネルギー源であるブドウ糖が消費されてなくなってしまい、脂肪が動員・分解されてケトン体が大量に作られてしまいます。


さらに嘔吐などを繰り返すことで十分に栄養を取ることができなくなると、体は蓄えていた脂肪を分解し体温や体を維持しようとします。この際にもケトン体が体中に増えてしまうため悪循環が起こってしまいます。このように何らかの原因によってケトン体が増えることが自家中毒の原因といわれています。