自家中毒の症状、原因、治療

自家中毒の治療は?

自家中毒の治療は、主にエネルギーの元である糖分と水分を摂ること、そしてなにより安静にすることと睡眠を十分にとることです。病院では吐き気止めの座薬を使用し、できるだけ水分を少しずつ摂ってもらうようにします。吐き気が強い場合は糖を含んだ液を注射したり、脱水症状がみられる場合は点滴をするなどその症状にあわせて治療します。


できれば、病気にはかかりたくないものです。自家中毒の予防法としては、身体的・精神的ストレスをなるべく与えないこと。もし、ストレスがあるようであれば、甘いものを早めに食べて、脂肪の分解を抑えるようにします。そうすることでケトン体の産生を抑えます。また食事を抜いて空腹のまま寝ない、適度におやつを食べる、食事中に脂肪を取り過ぎないなど生活を見直してみましょう。


子供は自分でこれがストレスだと感じたり判断することは難しいもの。ストレスが溜まらないようにたまに子供を甘やかしてあげることも効果があります。子供を育てている人、または保育の現場の方々が少しでも変化があれば気づいてあげられることが一番です。